テープ起こし業者基礎知識|格安で行ってくれる業者

メンズ

ソフトを使う

会社

テープ起こしを行う場合、格安にする方法として自分で行うというものがあります。こちらはソフト使えば全くの素人でも比較的効率的かつ正確に行えるのでいざというときはソフトを使いましょう。

もっと読む

バイトについて

オフィス

テープ起こしの仕事というのは、バイトの情報誌でよく見かけるお仕事です。もしテープ起こしに興味がるのでしたらぜひ初めて見ましょう。なお、経験者は優遇されることが多いです。

もっと読む

業者の比較を行う

パソコンを触る女性

テープ起こしの業者に依頼するとき、どこかよい業者はないかとお悩みならば、比較サイトを使いましょう。格安の業者から様々な仕事をしてくれる業者まで数多く紹介しているので非常に役に立ちます。

もっと読む

速記からテープ起こしへ

PCを操作する人

テープ起こしの歴史は、遡れば1930年代に遡ります。トーマス・エジソンが発明したレコードのおかげで音声が録音できるようになり、そのレコーダーを利用して推理小説作家のESガードナーは小説を書いていたといわれています。ガードナーは作品の創造力はあったのですがタイプライターを早く打つことができませんでした。そのためタイピスト相手に口頭で話してタイピストに打ってもらっていましが、次第にガードナーはレコーダーを使って録音してタイピストに渡して書いてもらっていました。
現在、テープ起こしは昔に比べて簡単に行えるようになりました。ICレコーダーは細かい音まで拾ってくれるようになったので、会話はより聞き取りやすくなり、文章は書きやすくなりました。しかし、それでもまだテープ起こしは素人が行うと難しいものです。速記士のような速さと国語力が必要とされるので、一時間の会話を素人が文章に起こそうとすれば、一週間はかかるといわれています。
テープ起こしをしなければならなくなった場合は、業者に依頼をすることをおすすめします。業者に依頼をすれば素人が行うよりも圧倒的に早く終わり、場合によっては1日で仕上がるケースもあります。また、テープ起こしは需要が高いため、様々な業者がいます。格安で行っているところや、専門的な会話でも大丈夫な業者など、非常に様々です。よって、業者選びをする際には比較サイトを使って業者の比較をしながら探すのがおすすめです。格安の業者から整文(文章を読みやすい文章として整理すること)まで行ってくれる業者まで、様々なところが紹介されています。